1. 現在の業務について教えてください。

映画の舞台挨拶や特番などの現場では、控室の設営、案内表示貼り、お弁当の配付などの運営業務を行っています。
社内での業務としては、イベントの利用目的に合った会場や、必要な備品、出演者やスタッフのお弁当のリサーチ、本番で使用する備品をまとめる作業、無線機やカメラのバッテリーの充電など、あらゆる作業を行います。一見単純な作業に思えますが、どれも“運営”をスムーズに行うための大切な準備で、なくてはならない不可欠な作業ばかりです。一年目は上記のような重要な作業を多く担当し、イベントをスムーズに運営するために必要なノウハウを学んでいきます。

2. アガサスを選んだポイントや理由を教えてください。

私は大学時代、ゼミの勧誘イベントのチーフとして企画を行い、最終的に目標を達成することができたという経験があります。
企画が採用されてから当日を無事に終えるまで、終始緊張感のある厳しい期間でしたが、その際に感じた一つのイベントを作るためのチームワークと、終了後の達成感・解放感の中毒性のようなものに魅かれ、その感覚を忘れることができませんでした。
この経験から、感動を生み出す手助けができるイベント業界、そしてスポーツやテレビ番組、映画など多くの種類のイベントに携わることができ、自分の可能性を広げられそうなアガサスで仕事がしたいと思い、アガサスを選びました

3. アガサスの魅力はどのようなところですか?

≪圧倒的経験値を積むことができる≫

業務実績のページのとおり、アガサスはとても多様なイベントに関わっています。
その多くに、若手のうちから関わることができることがアガサスならではの魅力ではないかと思います。

4. 仕事のおもしろさ、やりがいを教えてください。

≪人との関わり≫

私が感じる仕事の面白さは、「とても多くの人と関わることができること」です。
一つのイベントを作るためには、想像をはるかに超える職種の方々が関わっています。
自分だけ、アガサスだけでは成り立たないので、イベントを成功させるべく多くの人とのコミュニケーションが生まれます。
そのような環境の中で、イベントを制作する過程が見えたり、今まで自分が知らなかった職種の人と話をしたり、実際に働いている姿を見たりすることで、世界が広がったような気がしました。
また、この「人との関わり」は私が仕事をする上で最も大切にしていることであり、その中に自分なりのやりがいも感じています。
入社当初は、こんなにも自分はできないのか…!と、今まで知っていた自分との大きすぎるギャップに苦しむ連続でした。しかし、経験を重ねていく中で、少しずつできることが増えていき、社内・外問わず一緒に仕事をする方々とうまく連携が取れたとれたとき、自分が選んだお弁当をおいしいと言ってもらえたときなど、人とのやり取りの中で小さなやりがいを感じています!

5. アガサスで活躍できると思う人はどのような人ですか?

≪思いやりを大切にできる人≫

アガサスで行っているイベントの運営・進行業務は、「人の為」を考えることが多いです。相手を思いやることで、お客さんが気持ち良くイベントに参加できるように、スタッフが効率良く仕事できるようになると思います。相手の立場に立って物事を考え、想像することが好きな人は、幅広い視点とアイディアで活躍できるのではないかと思います。

6. 仕事上でこれから挑戦したいことはありますか? 今後の目標を教えてください。

≪得意分野を見つけて伸ばすこと≫

まだまだ経験も浅く、毎日の業務・毎現場が学びと反省の連続です。しかし今は吸収の時期だと思っています。たくさんの現場での経験を通じて自分の得意分野を見つけ、「自分と言えば〇〇」というものを確立させることが目標です。

7. 就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします!

自分に素直でいてください。
選択肢がありすぎて、色々な意見がありすぎて、正直正解が分からない、決断するのが怖い、
私は就職活動をしているときに、たびたびこのようなネガティブモードに突入していました。
そんな時に私がやったことは、思っていることをひたすら書きなぐる、人に話すということです。言葉にすることで、私はいわゆる就活の軸というものを整理することができたと同時に、自然とESや面接の練習にもなっていた気がします。
就活必勝法のような素晴らしい技を身に付けて対策することも、武器としてもっておくと自信になるし良いと思います。ですが、一番は素直でいることだと思います。自分に素直でいることで、きっとビビッとくる人や会社に出会えると思います!就職活動中は大学4年生の私のように思い悩むときもあるかと思いますが、時にはそんな人、会社との出会いを楽しむことができればきっと新たな門出の第一歩になるのかなと思います!
ぜひ、妥協することなく素直でいてください。応援しています!